貧乳女性

MENU

悩める貧乳女性

 

バストサイズが小さい女性は「貧乳」と呼ばれ、しばしばコンプレックスの対象にもなっています。

現在日本人女性の平均バストサイズはなんとCカップとDカップの間という統計があります。

 

少し前はDカップの女性は男性にとって憧れの的でもありましたが、現在では多くの女性がこのバストサイズを手に入れているのです。

 

対してAカップの女性は日本人女性全体の10パーセント程度にとどまり、Bカップの女性も20パーセントに及びません。
つまり、残りの70パーセントの女性はCカップ以上のバストサイズだと言うことができます。

 

これを読んで「日本人の女性って、みんなそんなに胸が大きいの!?」
と驚かれた方もいるかと思います
また、さらに追い討ちをかけるようですが、年代別に見てみると、30代女性よりも20代女性の方がバストサイズが平均的に大きいことも統計から分かっています。

 

その女性のバストが貧乳かどうかというのは個々の考え方によって異なりますが、往々にしてAカップ、及びBカップの女性は男性視点から視ると貧乳と決められがちです。

 

貧乳女性の悩み

「外見で判断する人は信用できない」
「胸が小さいだけで見下されるのは我慢ならない」
「外見じゃなくて中身を見て」
バストに悩める多くの女性はそう反論するでしょう。
しかし、少し考え方を変えてみてください。あなたは男性の第一印象をどこで判断しますか?
一昔前は三高と呼ばれていて、「高い身長」、「高い収入」、「高い学歴」が男性の理想と言われていました。
これは内面とは関係ありませんね。あなたが男性を最初に見るときは、顔であったり身なりであったり、清潔かどうかであったりするのではないでしょうか。

 

これは至極自然な行為であり、
外見が魅力的というのは自分が自信を持てる「ステータス」なのです。

 

貧乳女性はどんな悩みを抱えている?

貧乳という一種の差別的な言葉が出てきたのもここ最近ですね。
友達から「お前って貧乳だよな」、「○○ちゃんはちょっと胸が小さいね」などと言われた経験がある人もいるのではないでしょうか。
言った本人は冗談交じりで対して気にもとめていませんが、言われた当人は「やっぱり私って胸が小さいんだな」、「もう少し胸が大きかったら魅力的になれるのかな」と気にしてしまうことがあります。

 

特に自分を取り巻く女友達や会社の同僚の中で比較して自分のバストサイズが他の人よりも劣っていたら、なおさらコンプレックスになるでしょう。

 

また、20代の女性はプライベートや職場などで男性と接する機会も多くあります。
合コンやクラブ、コンパ、飲み会などで男性と接する際は、なるべく魅力的に映るように努力をしていることです。
下着メーカーもそういった女性のニーズを叶えるべくバストサイズが大きく見えるブラジャーを作ったりしていますね。

 

そして、現在はバストサイズがアップするエクササイズトレーニングサプリメントなども開発されて、需要は右肩上がりとなっています。
以前のように「遺伝だからバストが小さいのは仕方ない」と諦めるのではなく、
努力すれば報われる時代に変化してきているのです。

 

貧乳と呼ばれている方も、このサイトを通じて努力をすれば、理想のバストを得ることができるかもしれません。