バストアップトレーニング

MENU

どこでもできるバストアップトレーニング

 

自宅の部屋や入浴中、会社のお昼休みなどで気軽にできるバストアップトレーニングがあります。
手軽にできて、器具も不要、時間もとりませんので是非毎日実践するよう心がけてください。

 

バストアップに欠かせないのが乳腺

乳腺とは乳房の中の腺のことです。また乳首周りのこりこりとする部分でもあります。
この乳腺の量が大きければそれだけバストが大きくなります。

 

また、乳腺が衰退していると、リンパや血流が悪くなり、女性ホルモンも欠乏してしまいます。
すると乳房が垂れてしまったり、ハリとツヤがなくなり乳房が離れてしまいます。

 

つまり、この乳腺を元気にするトレーニングを日々行えば綺麗なバストを維持することができ、また乳腺を刺激することによってバストサイズをアップすることができます。

 

乳腺を刺激するバストアップトレーニング

最初は片方の肘を水平に伸ばします。そして手の平で肘から脇、胸にかけてを強く滑らせます。これを片方10回ずつ行うことによって血流をよくします。

 

次は脇より少し後ろ(背中方向)から手の平でぐいぐい肉を胸に寄せるようにします。これも片方10回ずつ行ってください。

 

脇と胸の中間にはリンパ筋というこりこりした箇所があります。そこを10秒ほどほぐしてください。

 

乳房の斜め下から手の平で乳房を押し上げるように斜め上へと滑らせます。これを片方10回ずつ行います。

 

先に説明した、乳首周りのこりこりとしている部分を10秒ほど揉んでください。

 

この場所を揉むことによって乳腺を刺激し、女性ホルモンの分泌を促します。

 

@〜Dの行為を両胸に行うだけで一時的にバストサイズが1センチから2センチ上がることもあります。
これを日頃から続けていればバストアップ効果が見込めることでしょう。

 

コツは外側から内側

バストアップトレーニングのコツは
外側から内側へ手の平と甲を使ってやや強めに滑らせてください。

 

下から上へ、脇から胸へが基本です。
また、あまり強くすると肌が赤くなってしまったり、腫れてしまう原因にもなりますので、実践するさいはジェルやクリームを使用することをおすすめします。

 

このマッサージ効果は乳腺を刺激することによるバストアップ前提ですが、その前に血流を良くする必要があります。
ですのでお風呂上りなど身体が温まっているときに行うと、より効果が期待できるでしょう。

 

胸を揉むと大きくなるってホント?

 

女性、男性ともに今では都市伝説化している「胸を揉むと大きくなる」ということですが、これはあながち迷信ではありません。
女性の中には「彼氏がいつも左の胸を揉んでいたから、左だけ大きくなった」
という人もいらっしゃいます。

 

セックスのときに胸を揉む行為というのは、上記のバストアップトレーニング法を考慮してみると、
「胸を揉む=乳腺を刺激する」と言い換えることができます。

 

正しい胸の揉み方を男性がしているのであれば、それによって乳腺が元気になってバストアップに繋がることもあるでしょう。

 

もし彼氏がいらっしゃるのであれば、彼氏に乳腺マッサージの仕方を伝授して、
セックス時に実践してもらうとより効果的かと思います。