海外のバストアップ事情

MENU

バストアップ方法の海外事情

 

別頁では、バストに悩んでいる若い女性たちは日本人だけではなく世界中にいると説明しました。
では、世界ではどのようなバストアップ法を取り入れているのでしょうか。

 

中にはネット通販で購入できる商品もありますので、お試しいただくことも可能です。

 

世界の常識は塗り薬

世界で最も人気のあるバストアップアイテムは「クリームやジェル」タイプのいわゆる塗り薬です。
海外セレブがこれでバストアップに成功したという情報が入ったものならば、多くの外国人女性が飛びつきます。

 

塗り薬の効果はいかほど

塗り薬は胸に塗ることによって浸透させ、体内の脂肪細胞を刺激するのが一般的です。
脂肪細胞を刺激すればハリのある胸を維持することができ、
垂れ気味の乳房を持ち上げることができます。

 

また、塗る際のコツとしては、乳腺のツボを刺激しながら揉むように液体を浸透させます。

 

サプリメントも人気

欧米の若者を中心にサプリメントによるバストアップも依然として人気があります。
しかしながら、サプリメントは商品によってまったく効果が表れなく、また副作用で体調が悪くなってしまう方もいるようです。
特に身体が華奢な日本人女性にはその副作用が強く表れることがあるので、
海外サプリに関してはあまりおすすめできるものではありません。

 

エクササイズ

自宅で気軽にできるエクササイズDVDなるものが世界で出回っています。
健康的な身体作りにも役立ちますし、運動によって肌を引き締め、筋肉をつけて胸に弾力とハリをつける効果があります。

 

海外と日本のバストアップ法の違い

上記を読んでみると、日本人のバストアップ法とは根本的な考え方が違うことが分かります。

 

日本人は皮下脂肪を増やしたり、女性ホルモンの分泌量を増やすことによって乳房そのものを大きくする方法が人気があります。
対して海外のバストアップ方法の大半は、乳房を大きくするのではなく、ハリや弾力、肌の若返り、筋肉を付けることによって、従来の乳房をより大きく見せる。または垂れないように持続させる方法が主流となっているようです。

 

近年も日本では40代からのアンチエイジングなどが人気がありますが、欧米では昔からアンチエイジングには気を遣っていたとも言えますね。

 

では海外と日本のバストアップ法はどちらがおすすめなのか。
答えるまでもなく「両方」ですね。
日本のバストアップ法を取り入れて乳房を大きくし、海外のバストアップ法を取り入れてバストを維持する。この二段構えで末永く大きなバストを維持することができると言えます。