胸を大きく見せるブラジャーの使い方

MENU

見た目でバストアップする効果的な方法

 

近年は下着メーカー大手のワコールを中心にさまざまな種類のブラジャーが出回っていますね。

中にはバストを大きく見せるブラジャーもあり、「補正下着」と呼ばれてバストに悩める女性に対して支持を集めています。

 

では一般的に普通の下着と補正下着の違いはなんでしょうか。
また、補正下着の効果的なつけかたというのはあるのでしょうか。
買ってみたはいいものの、いつもと同じようにつけてしまうと見た目でもバストアップは図れません。
補正下着のメリットは
見た目でバストアップするだけではなく、長く続けているとバスト自体がアップ
できる見込みがある点です。

 

補正下着とは

補正ブラジャーは通常のブラジャーよりもカップの円周が小さく、深みがあります。また、円周を作るワイヤーも強くできているため、つけるだけで見た目は盛り上がって見えます。
しかし、補正ブラジャーにも正しい着用の仕方というものがあります。

 

秘訣は肉を寄せる

補正ブラジャーのほとんどはホックは前にあります。
これはとても重要なことですね。

 

まずは前かがみになって、乳房を垂らした状態にします。
そして、補正ブラジャーをあててホックをします。

 

しかしこれだけでは見た目がよくありません。
なぜなら、カップが小さく深いため、胸周りの肉が脇やアンダーにはみ出してしまい一見すると太ったように見えてしまいます。

 

そこで、両手を背中に回して背中から肉をかき集めるように胸に寄せ、さらには乳房の下部分アンダーバストの肉もすべてトップに集めてください。
そうすると、カップは深さがあるため見事に肉を集めることができます。
はみ出たお肉をカップの中に入れれば完成です。

 

鏡で見てみるとバストがアップしているのが分かります。服を着てもそれは明白です。
人によってはバストサイズが一つか二つアップしていることでしょう。

 

継続は力なり

日頃から補正ブラジャーはつけるように努力をしてください。
時間が経つと序々にカップの中におさまっている肉がアンダーや脇、背中に戻ろうとするのですが、トイレなどで再び付け直してください。

 

これを毎日続けていると、いままで窮屈に寄せていた肉が胸に安定してくることがあります。
いままで力任せに肉を胸に寄せていたのが、段々と肉が胸に定着してきます。
人によってはワンカップからツーカップアップすることができるでしょう。

 

バストが小さいときは大きくみせて、
それを続けていると本物のバストになるのが補正ブラジャーの魅力でもあります。

 

胸を大きく見せるブラジャーの正しい使い方とは記事一覧

 

みなさん日頃からつけているブラジャーはどのような基準で購入されていますか?「タグを見て自分のカップ数のものを買ってる」と多くの方はお答えになるのではないでしょうか。また、アンダーがきついと嫌だから緩めのものを買っているという方も多いのではないでしょうか。しかし、毎日常日頃から着用するブラジャーが本当に自分に合ったものではなかったら、乳房の形がくずれてしまったり、早期の垂れの原因にもなってしまいます...