巨乳女性にしか分からない悩み

MENU

将来が心配な巨乳女性

 

町ですれ違う女性や女性友達の胸を観察して、
「私ももっと胸が大きければなあ」と悲観的に思うこともあるではないでしょうか。

 

胸が小さい人は「貧乳」と呼ばれ、人一倍大きい人は「巨乳」と呼ばれています。

 

しかし、胸が小さい女性には貧乳の悩みがあるように、
胸が大きい人には巨乳にまつわる特別な悩みもあるのです。

 

安易に胸を大きくしたいと願っているあまり、実際夢が叶ったときに「こんなはずじゃなかった」、「巨乳ってこんな悩みがあるんだ」と思わないように、ここでしっかりと留意しておきましょう。

 

巨乳の悩みのベスト3は

 

ここではEカップ以上の方を巨乳と見なして、
彼女たちにまつわる苦労話をランキング形式に紹介していきたいと思います。

 

 彼氏が胸目当てで付き合っているのではと心配

かねてより巨乳が好きと豪語していた男性の方とお近づきになり、
お互い惹かれて付き合うまでに至ったはいいですが、日々の生活を見ていると、
「彼ってもしかして私が巨乳だから付き合ったんじゃ…」と不安になる場面があるとのことです。

 

「内面を好きになってくれたんじゃなくて、私の胸を好きになったんじゃ…」
と不安になっている方が多いようです。

 

巨乳も女性のステータスであることは間違いありませんが、実際付き合う彼氏には、やはり外見よりも内面を好きになってもらいたいものです。
特に20代の女性であれば、今後も付き合っていけば結婚という大きな問題にも発展します。

 

もし本当に彼氏が巨乳だから付き合っているという事実が判明したのであれば、今後も付き合うかどうかは考えものですね。

 

 男性に見下される

一昔前には「巨乳は頭が悪い」と言われていました。

 

この真意は「胸が大きいと男にもてはやされるので、世渡りが上手い」ということです。
つまり、たいして勉強していなかったり教養がなくとも、男性に好かれることに長けているので幸せな生活を手に入れることができると言うのです。

 

しかし現代社会では、あまり通じない言葉です。
巨乳だと男性の視線も胸にいきますし、「○○ちゃん、巨乳だね」、「巨乳で得したことってある?」などと何かと胸の話を持ち上げられて不快な想いを経験された方もいらっしゃいます。
デリケートな部分にも関わらず男性はデリカシーなく突っ込んでくるときがありますので、対して女性は侮辱された気分になります。

 

可愛いブラジャーがない

 

この悩みは代表的でよく耳にしますね。
日本人の平均バストサイズはCカップですので、
メーカー側も需要と供給のバランスを保つためデザイン性などはCカップに重点を置く
傾向があります。

 

東南アジアに旅行に行った女性は口を揃えてこう言います。「まさかEカップのブラ自体が存在していないなんて…」
東南アジア女性の胸は平均AカップからBカップと日本人よりも一回り小さいので、Eカップのブラジャーは存在しない国もあるようです。

 

ブラジャーも女性からしてみるとお洒落の一環ですし、
パンツと上下合わせて購入するとより可愛く見えますね。

 

彼氏とベッドの中で身体を共有するときも、パンツは可愛いけど、
ブラジャーは愛想のないデザインであれば、男性の興奮度合いも下がることは必須です。

 

 セクハラの対象となる

 

会社の上司から言葉や態度、行動によるセクハラも巨乳の人はリスクが高いです。
「○○ちゃん、胸が大きいね。何カップ?」、「いままで何人の人に触られてきたの」などとセクシャルハラスメントになるような言葉を言われた経験がある人も多くいます。

 

巨乳というだけで男性は性の対象として見てしまいがちで、心無い言葉を発してしまう輩もいます。
さらに会社内でも噂されると、今度は女性同僚からのイジメにも発展することもあります。
「ちょっと胸が大きいからってちやほやされて!」
と影で言われたり、無視などのイジメを受けたりする人もいるようです。

 

また、セクハラまがいのことは会社だけに留まらず、飲み会、合コンのときにも多発します。
20代は遊びたい盛りです。異性を求めに積極的に参加する女性も多くいます。
飲み会で男性陣がお酒に酔ってくると、会話はついつい下ネタの方へ走っていきます。
中には酔いに任せて触ってくる人もいるかもしれません。

 

 

好きで巨乳になったわけじゃないのに、
なんでこんな酷い目に遭わなきゃいけないんだと嘆く女性も多くいます。

 肩がこる

 

医学的には肩こりと巨乳の因果関係は詳しく解明されているわけではありませんが、
それでも巨乳の人に肩こりが多いのは否めません

 

大きな脂肪を両胸に携えていますし、運動すると胸が上下に揺れて痛みが伴います。
20代の前半のうちから肩こりに悩まされている女性も多く、
「もっと胸が小さくならないかな」と真剣に思っている人もたくさんいます。

 

但し、胸がそれほど大きくない人でも肩こりに悩まされる女性は近年多くなってきており、その原因は「運動不足」「間違った下着の着用方法」によるものです。
間違ったブラジャーの着用は胸の形が変わる原因にもなりますし、
早急に垂れてしまう原因にもなります。

 

以上のように巨乳の方にはそれなりの事情があることが分かります。
どちらが望ましいのかは個々の見解によって分かれますが、
バストアップに成功した際の悩みも留意しておく必要はあるでしょう。