ヒアルロン酸は安全短命

MENU

ヒアルロン酸は安全短命

 

 
ヒアルロン酸は現在の豊胸手術の種類の中では最も安全かつ安心
と言われています。

 

ではこのヒアルロン酸による豊胸手術を詳しく解説していきましょう。

 

ヒアルロン酸のメリットとデメリットを理解しよう

ヒアルロン酸がなぜ安全安心と言われているかと言うと、
もともとヒアルロン酸は人間の体内にある物質から作られているからです。
現在では美容液にも多く使われています。

 

体外物質(食塩水など)を入れる豊胸手術の場合、体内で拒否反応を起こして乳房に定着しない問題があります。
その点ヒアルロン酸は体内に自然に定着していきますので安心なのです。

 

ヒアルロン酸にはデメリットもある

先に説明したように、ヒアルロン酸は豊胸手術の中では最も安全なバストアップ法です。
しかし、ヒアルロン酸はもともと体内に存在する物質なので、
序々に身体が吸収していってしまうのです。

 

個人差にもよりますが、約二年から三年が寿命と言われています。
つまり、ヒアルロン酸注入の手術の場合は周期的に何度も繰り返さなければなりません。

 

また、失敗例もあります。
ある患者は手術を受けた後日、胸の一部分にしこりがあることに気が付きました。
検査をしてみると、ヒアルロン酸が一部固まってしまったようです。
通常は固まらないように数箇所から注入しますが、ヒアルロン酸の品質が悪いと固まってしまう事態も発生してしまうのです。

 

ヒアルロン酸の豊胸手術はお手軽にできる

ヒアルロン酸による手術は入院の必要もありませんし、40分ほどで終了します。
運動や入浴制限はありますが、他の手術に比べれば緩いです。

 

また、ヒアルロン酸手術の場合のバストアップは多くても1カップほどです。
メスで切開することもないので誰に気づかれることもありません。

 

手術を検討している方は上記のようなメリットデメリットを再確認してください。