韓国での豊胸手術

MENU

整形天国韓国で豊胸手術

 

韓国といえば整形天国ですね。
韓国人にとって整形とは自分を美しくする必須のアイテムのようなもので、
友人家族などにも平気で打ち明けられることのようです。

 

韓国女優の多くが整形しているようですし、
それを目指して「自分も整形しよう」と一歩踏み出す韓国人女性も多いようです。

 

日本人だと一重から二重への整形が流行っていますが、韓国ではさらに進んで鼻を高くしたり、ほくろ除去、肌のハリ、ツヤの持続、そして豊胸手術まで盛んに行われています。
韓国旅行の方の中には整形目当ての日本人も多く、「整形ツアー」なるものも多数出ています。

 

韓国で整形するのはご用心?

日本では「コンビニよりも歯科医院の数が多い」と言われていますが、
それと同様に韓国では整形美容院の数が圧倒的に多くあります。

 

日本人客目当ての整形美容室では日本語対応スタッフも常駐していますので、語学に不安がある日本人でも安心して施術に望むことができます。

 

ただし、それだけ整形美容院があるということは競争率も高く、顧客をいかに取り込むかが病院としては重要となります。
そこで値段を安くするために、品質の悪いシリコン不衛生の医療機器などを使う病院も数多く存在します。

 

日本人からすると、どこの病院がおすすめなのかも分かりませんし、もしかすると病院として正式な認定を受けていない「もぐり」の可能性もあります。

 

実際韓国の繁華街にある整形美容院のほとんどは病院としての認可は下りていません。
それを証明する一つが「入院ができない」ことです。
入院施設を常備するためにはしかるべき公的機関から認可を受けなければなりません。
しかし、ほとんどの整形美容院はその認可を得ていないため、「休憩室」という名目で一泊だけ入院することができます。

 

豊胸手術は術後に数日間腫れや痛みが伴います。また、失敗例も多いのが現状です。

 

整形大国でも豊胸手術は例外

豊胸手術の歴史はまだ浅く、50年ほどしか経っていません。
そのため相次ぐ失敗や副作用が懸念され続けています。

 

それはこと日本に関しても同様です。

 

韓国では日本よりも安価に手術を受けることができますが、それでも数十万単位で費用はかかりますし、往復の航空チケット代も馬鹿になりません。
その上失敗したのであれば元も子もありませんね。

 

韓国の豊胸手術事情

韓国の豊胸手術方法は一般的にシリコン食塩水パックを入れる外科手術となります。
皮下脂肪の下に入れるか大胸筋の下に入れるかの違いはありますが、要は半永久的なバストアップ手術が主流となっています。

 

しかし、これには致命的なデメリットがあります。

 

見ると分かる偽りのバスト

例えばヒアルロン酸の豊胸手術をすると、見た目ではまったく分かりません。
またバストアップもワンカップ程度なので周囲に気づかれる心配もほとんどありません。
セックスの際恋人に揉まれたとしても、豊胸手術をした事実に気づかれることはないでしょう。

 

しかし、シリコンや食塩水パックなどを入れる手術を行うと、術後明らかに
胸のツヤや形が異なることがわかります。

 

豊胸をしたと思われる韓国人女優の写真を見ると一目瞭然です。
不自然に胸の上部が盛り上がって、その部分にハリとツヤがうかがえます。

 

整形大国として注目されている韓国も豊胸手術に関してはまだ問題があることが分かります。
値段が安いからと安易に韓国で施術を受けるのではなく、
高度な医療技術を持っている医師を日本で探すほうが懸命なのかもしれませんね。