地域によって異なるバストサイズ

MENU

地域によって異なるバストサイズ

 

日本は古来より単一民族と呼ばれています(もちろん沖縄の人々や北海道のアイヌの人々は異なりますが…)。
同じ文化、食生活、環境、生活習慣、生活スタイルを共有し、一見すると、そこにバストサイズの差はあるとは思えません。

 

しかし、実は女性のバストサイズは地域によって異なるという統計が出ているのです。
それは「セクシャルヘルスケア」の専門サイトが発表した統計結果なのですが、驚くことに地域によって平均バストサイズが大きく変わっているのです。

 

都道府県の平均はCカップ

全国都道府県の平均バストサイズを割り出したところ、
結果は「Cカップが日本人女性の平均サイズ」となりました。

 

しかし、地域によってバストサイズに偏りが出たのです。

 

最も小さいのは埼玉県

埼玉県民の平均バストサイズは「Aカップ」で、これは全国唯一でした。
アンケートの声からも、「確かに埼玉県の女性はバストが小さいかも」などという声も見受けられました。

 

関東圏では埼玉のお隣の東京都と茨城県が平均がCカップで、それ以外の県はBカップでした。
しかし、これをほかの地域に当てはめてみると、そこには歴然とした差があったのです。

 

東北地方は巨乳が多い

宮城、新潟、福島と東北地方に該当する県の平均バストサイズは「Dカップ」と平均のCカップよりもワンランク上でした。
関東圏付近で平均Dカップのバストを持つ県は山梨県のみです。

 

近畿地方、中部地方は巨乳エリア

岐阜、福井、京都、奈良、大阪、岡山、広島は揃って平均が「Dカップ以上」あることが統計から読み取れました。
このように平均バストサイズはバラバラなのではなく、エリアごとに固まっていることが分かります。

 

上記の説明を踏むと、自然に全国で最も平均バストが大きい地域というのも分かってくることでしょう。

 

岐阜県と京都府がトップ

岐阜県と京都府は全国の平均バストサイズトップで、「Eカップ」という結果でした。
その周辺エリアも先に説明したとおりDカップが分布しています。

 

つまり、関東よりも東北、東北よりも関西圏の女性がバストが大きいと言うことが分かります。

 

なぜ近畿、中部地方の女性は胸が大きい?

こちらに正確な答えはなく、憶測ではありますが、近畿地方、中部地方の女性の方々はほかのエリアの女性に比べてバストマッサージなどのバストケアを大切にしていることが分かりました。
エクササイズ、食生活、正しいブラジャーの着用など、
それぞれがバストを大切にしていることが分かります。

 

東京の原宿の竹下通りや渋谷を歩いていると、お洒落な服を着た女性が多く見受けられますが、知らずのうちにバストに負担をかけているのかもしれませんね。