バストと女性ホルモンの関係

MENU

女性ホルモンとバストの関係

女性の身体には女性ホルモンと男性ホルモンが共存しています。
そのうちの女性ホルモンとはバストと密接な関わりがあるとされています。

 

以前は女性ホルモンの分泌とバストの因果関係は直接はなく、迷信めいたものとの見解は一般的でしたが、調べによると実はそうともいい限れないことが分かったのです。

二つの女性ホルモンがバストを育てる

女性の身体には複数の女性ホルモンがあります。
その中の「エストロゲン」「プロゲステロン」がバストを育むに重要な役割を担っています。
本来この二つの女性ホルモンは女性が妊娠するに必要な生殖機能を育てる役割があるのですが、それはバストにも及んでいることが分かったのです。

 

エストロゲン

エストロゲンは本来は女性の子宮や膣を育てる働きがあり、毎月一回の生理や排卵が行われるのもこのエストロゲンの作用によります。
しかし、このエストロゲンは幼児期、思春期の際は女性の身体全般を大人の身体にする効力もあります。
その効果は乳腺の発達くびれ肌のツヤハリ骨盤の形成などにおよび、さらには胸の皮下脂肪の膨張化にも作用することが分かっています。

 

つまり、エストロゲンの分泌によってバストのサイズアップが期待できるのです。

 

プロゲステロン

プロゲステロンはエストロゲンと同じく女性の身体を司る重要な女性ホルモンであり、主な働きは子宮内の着床に関わります。
プロゲステロンの分泌が不足していると受精卵が着床しづらく、さらに欠乏していると着床障害などの不妊症の原因ともなります。

 

また、このプロゲステロンは乳腺の発達を促す作用もあり、エストロゲンと同様に
バストアップが直接見込める効果があります。

 

女性ホルモンの分泌

女性ホルモンの分泌量は個人差があり、またいつでも一定量が分泌されているわけではありません。
特に上記二つのホルモンは日々の食生活、環境の変化、運動不足などによって大きく上下します。

 

また、20代の頃にありがちな過激なダイエットはこれらの女性ホルモンを著しく減少させてしまうので、バストアップはおろか不妊症の原因にもなってしまいます。

 

バストサイズをアップさせたい方は、まず前提として女性ホルモンの分泌を効率よく促すために、
日々規則正しい生活習慣を身に付けることからはじまります。